御徒町で医師からも推薦される安全でソフトな整体が評判のワタナベカイロプラクティック

ワタナベカイロプラクティック


自律神経失調症でお悩みの方へ

  • 特別な原因もないのに毎日不安に駆られてしまう。
  • 元気がなく、下痢や便秘を繰り返してしまう。
  • 検査しても異常がないのに、動悸がしたり胸が痛くなる。
  • 布団に入ってもなかなか寝る事ができず、身体がいつも疲れている。
このような症状で、自律神経失調症と診断され当院に来院される方は、決してめずらしくありません。

ストレス過多な現代社会ですから、このような症状でお悩みになるのは、ある意味仕方ないのかもしれませんが、あまり放置しまうと、人間関係に支障をきたしたり、社会生活が送れないような状態になる場合がありますので、早めに改善が必要です。

自律神経とは

呼吸や血圧、血流や消化吸収等、無意識に働く末梢神経の事を自律神経と呼びます。この自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの相反する活動をする神経から成り立っています。

交感神経とは

交感神経は活動時、つまり起きている時に活発になります。交感神経が活性化すると、身体は緊張状態になり、瞳孔が開き血圧は上昇し、心拍数が上がります。 

副交感神経とは

副交感神経は寝ている時、食事をしている時に活発になります。副交感神経が活性化している時、筋肉は緩み、血管を広げ、身体を回復させる作業をしています。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れるという事は、活動時に働く交感神経と、回復時に働く副交感神経がバランスよく機能していないという事。多くの場合、交感神経が過剰に興奮してしまい副交感神経がうまく活動できず、身体をしっかり回復させる事が出来ない為、身体全体が常に緊張状態で、倦怠感や不眠、便秘や下痢、動悸等の症状を引き起こす原因となります。自律神経が乱れる原因として非常に多いのが精神的ストレスによるものです。精神的なストレスが長期間続いてしまうと、論理的な思考に関わる神経回路がある前頭前野の活動が低下し、不安や恐怖などの感情の中枢である扁桃体が活性化し、身体の不調にとどまらず不安や恐怖感を自制的にコントロールする事が難しくなる場合もあります。

副交感神経を優位にする

頭蓋 施術②.png

交感神経の興奮状態が持続した状態をリセットするには副交感神経を優位にする必要があります。副交感神経が優位になると、血圧は下がり全身の血管が拡張しその結果、身体の緊張状態が緩和しリラックスした状態になります。当院では頭蓋調整を用い、副交感神経を刺激し全身をリラックスさせる施術をどんな症状の患者さんでも最後に必ず行っております。頭蓋調整を受けた患者さんからよく「身体がポカポカする」「すぐに眠くなる」「お腹がゴロゴロ鳴る」と言われます。実際に、ほとんどの患者さんは、施術中にいびきをかいて寝てしまいます。

交感神経の興奮状態が持続すると、内分泌系や免疫系等様々な身体の不調に影響する事が解っています。その場しのぎで栄養ドリンクを飲んだり、薬を服用したりせずに副交感神経が優位な状態にし、一旦身体をリセットする事が健康を維持するのと、未病を防ぐという意味でとても重要と考えております。不眠もしくは寝ても抜けない疲れなどでお悩みでしたら、一度当院にご連絡下さい。

ワタナベカイロプラクティックのご案内

住      所:

〒110-0005
東京都台東区上野3-7-9 JMビル501

アクセス:

JR御徒町駅から徒歩3分、日比谷線仲御徒町駅から徒歩4分、大江戸線上野御徒町駅から徒歩4分

お問い合わせ・ご予約
03-6356-2021
営業時間:

10時~21時(最終受付20時)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ